スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.09/30(Mon)

言葉というもの。






一ヶ月たっていました(o´・ω・`o)


申し訳ありません・・・・・

今月はなんだか忙しくて
ほかの事で手がいっぱいでした。


かと言って
なんにもしていなかったわけではないんですよ(*^-^*)

カウンセリングもさせていただいていました。



ここ最近いろんな方との触れ合いの中で
たくさんの事を感じたくさんの事を考えていました。



その中で「言葉」というものは
本当に深いな・・・と感じたりもしています。


今こんなふうに「ブログ」を書いていますが
これは全て「活字」でしかなく
言葉として発して「抑揚も雰囲気も表情も」なにもないものです。
だからこそ
「発する側」と「読む側」で印象はかなり違ったりという
すれ違いはある気がします。

だからなるべく
言葉というよりも使う表現を私らしくそして
硬くならないようにと気をつけているつもりです・・・
それでもやはり「嫌な気分」にさせてしまうこともあるんだろうな・・・・とは
思っています。



こういった「活字」の世界で多用される言葉や表現が
どれだけ大切か・・・ということを
周りを見ながら感じたことが一つ。


それから

「自分の心の言葉」を使わずに
表面上の「言葉」を連ねてもなにも感じ取ることができないということを
とても感じました。


人はもがき、苦しみながら生きている。
例えどんな人だろうと
迷わない人なんていないわけで
それをひた隠して
どの言葉を使えば響くだろう・・・・なんて
考えながら発するものにはなんにも感じないんだな・・・・


なんて
痛感した時期でした。


私はできる限り人間くさくもがきながらも
自分の言葉は自分の心の言葉でありたいとそう思いました・・・・・・














スポンサーサイト
23:03  |  独り言  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。